「呪いの契り帯」IN法多山に行ってみた

スポンサーリンク

静岡県袋井市にある法多山。

そこで行われている「呪いの契り帯」という五味弘文氏監修の期間限定お化け屋敷に行ってみた。

五味弘文氏は全国で活躍しているお化け屋敷プロデューサーで、とっても有名な方らしい。

そんな彼が手掛ける「呪いの契り帯」にはちゃんとストーリーがある。

まあ私流に説明すると

『対のお人形さんに赤い糸を繋いで恋愛ごっこなんかしちゃう幼馴染みの可愛いカップルがいたんだけど、

男の方が結婚することになり邪魔になった幼馴染みの女を騙して殺しちゃう。

女の通夜はお寺で行われることになって、犯人である男とそのお嫁さんも「寝ずの番」に選ばれたのだけど、

殺された彼女は張り切って彼をあの世に連れていこうとするから、頑張って一晩乗り切ってね』ってストーリー。(テキトー)

詳しくはこちらを見てね↓

袋井市法多山 お化け屋敷「呪いの契り帯」五味弘文氏プロデュース

お寺にあるお化け屋敷なんて雰囲気あって面白そうでしょう?

通夜とか日本人形とかお経とか怖い要素がこれでもかと散りばめられていて期待大。

スポンサーリンク

「呪いの契り帯」詳細

場所はこちら↓

法多山尊永寺 · 〒437-0032 静岡県袋井市豊沢2777
★★★★☆ · 仏教寺院

法多山の境内にある紫雲閣という建物が会場になっていて、

7/13~8/25までの土日に開催している。(8/10~18日までは毎日開催)

時間は14:00~21:00(最終入場は20:30)

体験時間は約15分。

チケットは当日券のみで受付は12:00から開始。先着順・初回講演から順番での販売で、入場料は一律1000円。

注意点は、小学生以上が対象で子ども一人につき大人一人の付き添いが必要なことと、入場時間の20分前には受付にいないと入場できないこと。

会場である法多山周辺は有料駐車場が沢山あるけれど、お化け屋敷で来場する人は16:30から下記の無料駐車場が三か所で解放されるよ。

チケットを買う前に

チケットは紫雲閣の前にある受付で購入することができる。

混雑状況、空き情報は公式HPで確認できるのでチケット購入の際はまずこちらを確認してね(*´ω`*)

ちょっと気を付けたいのは、参加人数による組み合わせで開始時間が遅くなってしまうかもしれないこと。

私がチケットを購入したのは土曜日の17時頃なのだけど、境内はガラガラでほとんど人が居なかった。

お化け屋敷もかなーり空いている様子で、受付する直前にHPを確認すると「18時台のチケット発売中」と更新されたばかり。

受付の周りにもスタッフさん以外はほとんど人が居なくて、7時までには入れるかなー、なんて思っていたのだが、甘かった~

購入できたチケットは19:45分開始のもの。

先着順とは書いてあるのだけど「三名だとこの時間になりますね」って言われて「どういう意味だろう?」と思っていたのだけど、

どうやら このお化け屋敷は基本的に6名一組として入場するらしく、3人組だった私たちは参加人数の組み合わせ上、予想より遅い時間なってしまったようなのだ。

ちなみにグループでの参加は最大7名までとなっており、8名だとグループが別れてしまうそう。

てなわけで、HPに記載されてる時間は絶対ではなく、大体の目安として参考にしましょー。

そしてが無事チケットを購入するとこんなチラシが貰えるよ。

法多山の門前にはカフェや飲食店が並んでいるのだけれど、対象のお店で当日券を提示すると↑のサービスが受けられるらしいのだ。

お化け屋敷の混雑時は待ち時間も長くなってしまうようなので、お店でまったり時間を潰すのも楽しいかもしれないね。

チラシには夕方までの営業店が多いと記載されているので早めに来店した方がいいのかな?カフェは夜まで営業していたけどね。

因みに法多山では8/31まで風鈴まつりを開催しているよ。

呪いの契り帯の開催日のみライトアップもしているのでよかったら境内を散策してみてね。

雰囲気は抜群です

さて、チケットを持って開始20分前に受付に行くと、まず受付横の待合室に通されるよ。

待合室はクーラーガンガン、めっちゃ冷え冷え。外は蒸し暑いので有り難い~(*´ω`*)

そして先ほども言ったとおり、このお化け屋敷は基本6名一組で入場する。

知らない人と一緒に入る&ミッション有のお化け屋敷なので、色んな意味でドキドキ!

当然ながら、自分達が6~7人グループでの来場ではない限り、待合室にいるのは自分達と「寝ずの番」を共にする仲間の可能性が高いわけだね。

第一印象はとても大事なので興奮して大騒ぎしないように、、控え室ではお行儀よくしておきましょ~。

時間が来たら荷物をロッカーに入れるよう指示があるよ。

そのあと別室で簡単に説明を受け、いよいよ紫雲閣へ移動する。

紫雲閣の入り口には喪服姿の女の人が立っていて、靴を脱いで中に入り寝ずの番をするよう促される。

まだ入口にしか立ってないんだけど、これがねー、なんかホントにお通夜っぽいの。

和風の建物とか喪服とかお線香の香りとか、、夜だったせいもあって雰囲気抜群。入る前から怖いがな。。(´;ω;`)

勇者さんはお盆休みの夜に是非チャレンジしてみて欲しい。

私はネタを知っていても絶対怖くて行けない気がする(((・・;)

体験と感想

今回一緒に入場した息子は、実はお化け屋敷初体験。

洗面所にも1人で行けない子なので泣いちゃうかなーと心配していたのだけど、予想に反し結構余裕の表情だった。

廊下は狭いので一列になって歩いたんだけど、先頭も最後尾もムリムリ(ヾノ・ω・`)怖すぎる~

後ろはちゃっかり妹に任せ、頼もしい息子を盾に前に進む。

一緒に体験した名も知らぬ女性三人組はとても良い人たちで、彼女たちの言動が面白すぎて、怖い怖いと悲鳴をあげながらも沢山笑うことができた。

彼女たちに救われた部分は大きくて、もし私たち家族三人だけだったら永遠にミッションが終わらなかったかもしれない((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

一緒に入ってくれた方々ありがとう。

おかげで帰りの夜道も怖くなかったよ笑

全体的に内容や時間も体感的には丁度良い感じでとても満足。

ただ会場は暗くて狭い室内なので、驚いた拍子に柱に顔をぶつけたりして思いがけず痛い思いをしないように注意してね。

あと心臓はかなり飛び出ます。弱いかたはホントに注意よ(○_○)!!

「呪いの契り帯」公式HPはこちら↓

あなたも是非怖くて楽しい夏を体験してみてね!

Amazon プライム対象
タイトルとURLをコピーしました